BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジョンストーリー集
  4. 【ストーリー⑥】健康を失って、出会えたもの。

【ストーリー⑥】健康を失って、出会えたもの。

 

こんにちは。田島です。


ストーリー⑤のつづき。


再手術がわかった瞬間に


「えっ、またあの手術するの?また麻酔がきれた後の、あの痛みを経験しないといけないの??!」

「いや、ちょっと待て待て!そもそもまた3ヶ月も休息しないといけないの?そんなに会社休めないでしょ!!無職になるの??!」



この誰にもぶつけられない戸惑いや怒り、悔しさは1回目よりも計り知れないほど大きいものでした。



しかも、手術をもう1度お願いすると

『再手術したとしても、また骨がくっつかない可能性もあります。
また同じ場所(病院)で手術をして、仮にまた同じ結果だったときの精神的なリスクを考えると、セカンドオピニオンを利用して別の病院で受けた方がいいと思いますよ。』
という言われる。


(後々この決断はよかったと思ったけど)
この言葉を言われた瞬間に「えっ、この先生は1回ダメだったから自信ないってことなのか?」と疑い、それでも3回ほどお願いするものの、すべて受け入れてもらえなかった。


このやりとりだけで1ヶ月も経っていて
その頃会社からも「復帰時期のこと」で連絡が入り、なんかもう板挟み状態でとにかく焦りしかなかった・・。

もう半ば半ギレ状態で、埼玉の1番大きな大学病院を紹介してもらいセカンドオピニオンを利用したが「うちではこの手術は厳しいです」と言われ、もうどうしようもないほどの不安がやってきた。。


ただの複雑骨折だったのに
病院が見つからないことにだんだんと「このまま足が治らずに歩けなかったらどうしよう…」「なんかもう疲れた、もういっそ死んだ方が楽かな……」と思うようになっていった。




そんな自暴自棄になりかけたときに
「じゃあ、ココで人生やめるの?」という声が自分の内側から聞こえてきて、その瞬間


『イヤだっ!!!!!』


そんな大きな声が、ドクンと聞こえた気がして、気づいたら号泣していた。



それがきっかけで、なんか吹っ切れた。

どんな結果になったとしても全て受け入れてやろうじゃないか!絶対に治してやるわ!!!

そう心に決めた数日後に訪れた病院で
「手術すれば骨はくっつくよ」と言われ、さらに会社からも「長期休暇」の許可をいただく。

手術後の待合室で、友人が撮ってくれた写真。



このときの経験から

どんなに理不尽な現実(出来事)が起きても
自分の『意思』さえあれば、いくらでも人生は創れるんだ!!!


そう肌で学んだ。



あの絶望の数ヶ月が嘘だったかのように
無事に再手術は成功して、また2ヶ月ほどの自宅安静期間がつづいた。

また大量の時間ができたことで、改めて「いまの自分と、これからの自分と向き合う」という時間をプレゼントしていただいた。


そして前回自分と向き合ったときには気づかなかったことに気づく。


一度『周りに流されずに自分を大切にするんだ!』と決めたはずなのに、気づけばその気持ちを忘れて、結局周りの声や反応を気にして自分の気持ちをないがしろにしているじゃんという自分に。



あと「まだ20代で若いからいつだってチャレンジできるよな!」と怪我するまで心のどこかでそう思っていたので、やりたいことができてもチャレンジも先延ばしたし、目先のちょっとした変化に満足をして落ち着いていた自分もいたなと。



ただ、今回の経験が


年齢とかは関係ない。
いつ何が起こるかなんてわからない。

いくら心が元気だったとしても
身体の健康を失ったらできることは限られる。



そんな大きな学びとともに


周りの顔色や反応を気にしている場合じゃないし
もっと自分の意思で自分の人生を創っていこう!!!


そう自分の中で改めて、強く決意した。



この時の『自分を生きる』という決意が
会社へ復帰した後に、これまでの自分だったらやらないようなことに挑戦するはじまりだった。



⇨ストーリー⑦へつづく



(余談ですが)

その後、6ヶ月の松葉杖生活・リハビリを経て
久しぶりに「左の靴」を履いて「自分の左足」で地面に立てた時は、もう言葉にできないほどの感情が溢れ出ていたことを書きながら思い出した。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事