BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジョンストーリー集
  4. 【ストーリー③】「自分の大切なものをすべて失う」という体験。

【ストーリー③】「自分の大切なものをすべて失う」という体験。



こんにちは。田島です。



ストーリー②で自分のやりたい仕事に就職が決まり、今回は入社した会社でのストーリーです。



自分が最もやりたいことで、新卒から『天職に出会った!俺、やるな!!』とめちゃくちゃテンションが上がってスタートした新社会人生活。

最初に入社した会社は「心や人間力を体系的に学ぶビジネススクール」を運営している事業部で、新規営業と受講生さんのフォローをする教育担当をすることに。



お客さんは基本私よりも年上の方ばかりだったので「教育する側として、なめられたらダメだ!」という想いが強く、かなり背伸びをしながら自分を大きくみせて必死でした。


その当時の写真が、こちら。笑
 

会社主催のNEW YEARS PARTYの写真。




そして教育業界には珍しい給与システムが「完全歩合制(成果がでないと給与もでないもの)」で、今思えば新卒でよくそこに飛び込んだなと思います。笑


ただ私は元々「受講生」の立場からお世話になっていたので、『魅力』と『成長の実感』をとても感じていたことが大きく、今度は『自分のような成長や感動体験を与えられる側になりたい!』という想いから、どうにかなるだろうと思って入社しました。

(ちなみに、両親からは猛反対をされた。だけど、その猛反対を押しきって入社。)



ただ仕事にもやりがいを感じながら
はじめの半年間は順調に新規のお客さんも増え、給与も新社会人ながら「月収40〜60万円」ほどもらっていたので。

このまま順調にいくと思っていたら、半年が経ったときに、社内で前代未聞のトラブルが起きてしまった。


そこから少しずつ、でも着実に歪みが生まれていきました。。



天国と地獄を、1度に体験するとは。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


入社して半年経ったころに
『1ヶ月で、7名の退会者がでる』という、前代未聞のトラブルが起こってしまった。


この出来事をきっかけに
まずわかりやすく変わったのは、当時の上司の態度。

成果を出していたときは何も言わなかったのに
成果が出なくなった途端に厳しい言葉とともに、ときに手をあげられることもありました。

そんな私と上司のやりとりをみながら、周りの先輩や同僚からもどこか哀れみの視線が生まれ、当時は言葉にできない辛さがずっとあった。



そんな上司の反応に恐れるがあまり、
いつしか「目の前の人の成長」よりも『いかに自分が失敗しないか。怒られないか。』ということを優先している自分がいて、どんどん心と行動がチグハグなっていく。

どんどん自信はなくなり、いつしかお客さんに対しても伝えたいことを伝えられなくなってしまっていた。


ただそれでも「もっと頑張らなくちゃ!」と自分を奮い立たせて、年末年始以外の365日363日ずっと働いていた。

ただどれだけ頑張っても新規のお客さんの契約がとれず、気づけば月収は数万円となることが半年間以上も続いた




お客様先への移動費も全て実費だったので、あっという間に貯金は底をついた。
(家に帰る余力がなくて、よく漫画喫茶で寝泊まりしていた。)


そんなに苦しいなら辞めればよかったのに。

後から色んな人に言われたけれど
それでも当時の私は会社というよりも、「自分からお客さんに一緒に成功しようと誓ったのに、その約束を自分が破るわけにはいかない!」という想いから辞めることができず、気づけば100万円近くの借金を抱えていた。


もちろんそんな働き方をしていたので
仕事以外の家族や友だちと会うこともなくなり、反発を押しきって就職したこともあって両親に頼ることもできなかった。

どんどん自分の居場所がなくなり
唯一の居場所が会社なのに、その会社の居心地は最悪で。


だんだん会社に足を運ぶのも辛くなり
退職する3ヶ月前くらいからの生活は、かなりヤバかった。

朝はギリギリまで布団から出れず
ボサボサの頭と身なりで家を飛び出し、会社の最寄駅の駅のトイレで髪をセットして、朝礼1分前に出社するような感じ。



「天職だ!」と言っていた自分はどこへやら。

好きだった仕事がどんどん「やらなくちゃ」になり、やりたくなくなっていた。

何のためにやっているのかもわからなくなっていた。



そんなある日のこと。

会社に行こうと思って起きようと思ったら、体が動かない。
どんなに脳から「動け」と指令を出しても、まったく体が動かなくて「!!?」と混乱した。

「あっ、このままいったら何かが壊れる……」とすぐに感じた。
そこで初めて命の危機感を強烈に感じ、そのままその朝に会社へ電話をかけ「やめたいです」と伝えた。

(この電話をするまでに恐くて、1時間もかかった)



会社に行ったらどうにかなりそうだったので
その電話以降1度も会社に行くことなく、あれだけ辞めないことに執着していたのに、最後は逃げるように辞めた。

(色々と言われるかと思ったら、驚くほどスムーズに辞めることができた。そんな会社とのやりとりに「この1年半はなんだったんだろう」と、なんか虚しくなったなぁ…)



1度すべてを失い、みえたもの。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


会社を辞めてから、私の手元に残ったのは
「大量の時間」「100万円の借金」


心身の健康は失い、身近な人との関係は破綻していて、仕事も失い、貯金もなく、夢も自信も目的も、当時大切だと思っていたものをすべて失っていた。



さらに追い討ちをかけるように
退社してから実家に戻ったその日に。

母親の口から「やっぱりこうなると思っていた。だからやめろって言ったのに。」という言葉がとんできた。


なんかもう自分の居場所がどこにも感じられず、正直何度も「消えてなくなりたい。」と思っていたなぁ。

(色々と言うものの、それでもずっと家にいてサポートしてくれた両親の愛を後々気づきましたが)




今回の経験は、私に2つの教訓を教えてくれた。


①どれだけ自分の気持ちを押しこめて、自分の舵を自分で手放してしまったこと

②力や恐怖で人は動くかもしれないけど、どんどん「自分」ではなくなり、想像(創造)力を奪っていくこと




このときのどん底の経験が
『その人が、その人らしさを発揮できるために、何が大事なんだろう?』という問いが生まれた。

いま思えば、『自分のどまんなかとは何か』という自分探しの旅は、ココから本格的にはじまった。



⇨ストーリー④につづく


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事