BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジョンストーリー集
  4. 【ストーリー⑤】夢の実現からの、絶望。

【ストーリー⑤】夢の実現からの、絶望。



こんにちは。田島です。


ストーリー④の最後に綴った事故。

正直この出来事がなかったら、私はいま『起業』という道を選んでいないと思うし、今だに『周りに合わせた生き方』をしていたかもしれない。

渦中のときにはしんどくてこんなこと思えなかったですが、それくらい私にとって大きなターミングポイントとなりました。



当たり前が、当たり前でなくなる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



2013年11月7日に事故にあい
「左足の親指の複雑骨折」という、何ともピンポイントな場所を骨折。

そして医師からは「足の親指の骨は非常に細いから、手術をしても完璧にくっつかないこともある。あと、リハビリも含めると最低3ヶ月はかかると思っておいてください。」と言われた。



ちょっとすれば治るだろうと思っていた私にとって
この言葉は、色んな「不安」と「焦り」が一気に溢れてきた。


「えっ、会社の業務はどうしよう?」
「そもそも会社がそんなに休みをくれるのか?」
「お客さんの対応もどうしよう?」


自分の身体のことよりも
「仕事」「会社」のことを心配してた自分にちょっとビックリ。



しかもこの時期に仕事とは別で
私が心からやりたい!と初めて思っていた夢『写真展の開催』が10日後に控え、お客様も80名集まってあとは開催を待つだけだったタイミングで、この事故にあって。

「えっ、開催できないの?みんなに何ていったら・・」というザワザワ感も同時にやってきた。



正直ぶつかってきた人を恨んだし、
この先どうなるかという言葉にできない不安でいっぱい。

「もしあの時・・」という言葉が脳裏を何度もよぎり、後悔しかなかった。


「年齢」に関係なく、健康を失うと
いくら想いがあってもいくら力があっても無意味なんだ


そう痛感することになりました。



ただ手術日は、まさかの「写真展開催日当日」とかぶり、強制的に「延期」が決まった。

色んな感情が湧き上がるものの、それでもどうしようもないことだったのでしぶしぶ手術へ挑むことに。


その手術も無事におわり、そこからは外出もできなかったのでひたすら家に引きこもる生活が続いた。



最初、正直なことをいえば
「会社を休めてラッキー!ずっと読みたかった本も読めるし、久々にゲームとかもできちゃうし♪」なんて思っていたけど、1ヶ月も経たないうちに飽きるという。笑

時間ができたらやりたいと思っていたことも全てやってしまい、強制的に?!自分のこれまでを振り返る時間に突入ー。




ダサい自分を、初めて直視する。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


この自分との振り返り時間が
「あれだけ時間もお金も投資して学んだのに、結局自分の現実は変わっていない」という事実を直視することになりました。



いまの自分をよりよくするためにはじめた学びだったのに。


いつしか「知識コレクター」になっていて
実際にそれを活かして、現実を変えるためのチャレンジから逃げていただけの自分(成長痛よりも、現状維持の安心安全を優先している)

周りの人の見えないところでの努力をみずに
相手を上下で判断して、気持ちの変化だけに満足していた自分



そんなダサい自分を直視することになったのでした。



そんな自分を初めて真っ正面から直視できたとき恥ずかしさと共に、「こんなところで満足するために、こんなお金や時間を使って頑張ってきたわけじゃないでしょ!」と、何ともいえない悔しさが込みあげてきた。


そこからは少しずつ気持ちも前向きになっていき
「会社に復帰したら、○○やるぞ!」というアイデアも湧いてきて、早く仕事したいなぁという気持ちもしだいに生まれてきた♪


そして、そのリハビリ期間間に1度延期した写真展も
色んな人たちの支えもありながら、松葉杖をつきながら無事に開催することができて!

初めて心からやりたいと思った夢が叶った瞬間を、体験するのでした。



(実は今回の怪我をきっかけに、当初予定していた詩の作品が、すべて新しいものになりました。)

(怪我を体験する前の自分は「周りからすごいね」と言われたいがために、どこか背伸びをして、カッコつけた言葉ばかりだった。)

(それが「自分の当たり前を失った」ことで、『身近な日常に、幸せがある』という写真展のコンセプトを自分がリアルに体験したことで、自分の中から言葉が溢れることになった。)

写真と言葉を組み合わせた、作品たち。
壁一面に、写真と言葉が溢れた空間。
人生初、ポスターづくりもプロにお願いした。
人生初のPV動画もつくった。
写真展に参加してくれた人たちが
「大切な人」を思って書いたメッセージカード。
運営を手伝ってくれたスタッフのみんなと最後に記念撮影♪



こんな色々な体験をしながら
いよいよ待ちに待った3ヶ月後検診の日。

そしてその日は「2月25日」という私の誕生日でとても縁起がいいなと思いながら、心はすでに未来を向いて「色んなことを挑戦するぞー」という気持ちだったのを今でも鮮明に覚えている。



ただ、下された結果は
『残念ながら骨がくっついていませんでした。なので、もう1度「手術」が必要です』というものだった・・・。

(ある意味で、一生忘れない誕生日は実現したw)




ココからが、本当にしんどくて。

自分のダサさも直視できて
仕事のやる気も、夢の実現もしたことで、自分のなかでチャレンジしたい気持ちが高まっていたが故に。

天国から地獄へ戻ったような感覚だった。


『人生、無駄なことはひとつもない』
そう言われるように、ココからの体験が未来に繋がるから、人生は面白いですよね。笑


⇨ストーリー⑥へつづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事