BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジョンストーリー集
  4. 【ストーリー①】フィリピンという国で、私の人生観が大きく変わる。

【ストーリー①】フィリピンという国で、私の人生観が大きく変わる。

 
 
こんにちは。田島です。


最近よくお会いする方から
「どうして、教育だったんですか?」「田島さんはどうやってどまんなかを見つけたんですか?」という質問をいただきます。

そこで私自身も改めて
『自分のどまんなかに出会うまでの物語』を、複数回にわけて綴っていけたらと思います。

よかったら、お付き合いいただけるとうれしいです♪



小学5年生の、親友からの裏切り。
2年間のいじめによって、人間不信になる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1987年2月25日、埼玉県北本市に
2人の姉がいる末っ子長男として、産声をあげる。

幼少の頃は、大人にも気後れすることなく
積極的に輪のなかへ飛び込み、いつも周りには「人」がいるような幼少時代でした。

地元の北本駅からみえる景色。



ただ小学5年生のときに、事件が起こる。
 
当時親友だと思っていた2人を筆頭に、2年間のいじめを経験することに。
(あのときは、ホント辛かったな〜)


きっかけはこの2人が仲違いになり、クラスの中心だった2人を筆頭に派閥ができたこと。
ただ当時の私は2人のことを親友だと思っていたから、どちらの派閥に所属するのかとか意味がわからず、そんな中途半端な態度が2人からしたら気に食わなかったのでしょうね。

気づけば、私に矛先が集中して、結果的にクラス全体からムシされるようになった。


一番しんどくも、人間不信になったのが。
1時限目の休み時間にしゃべっていた友達が、2時限目の休み時間にはムシされる。その周りの態度の極端さが当時の私には悲しくて辛くて、クラスのどこにも休まる場所がなかった。

これをきっかけに、私の性格がガラッと変わってしまった。

(学校外で他校の人が交じる少年サッカーをやっていて、そこが居場所になったのでなんとか助かった。家でも学校でもない「第三の場所」をもつことの大事さを感じましたね。)



「自分の本音をだすと、攻撃されるんだ」

そんな気持ちが強くなり、そこから人と距離をとるようになった。
それは「2度と同じ想いをしたくない」という気持ちから、中学生のときは自分の気持ちよりも周りの空気を読んで合わせる自分になった。
人と深い話はせず、関わろうとせず、いつもどこか表面的に接していた。

それは、高校時代まで続いた。



そして進路の時期になり、当時の高校の恩師から勧められた「東京国際大学国際関係学部」に入学することになる。

(理由も「外国に留学してみたい」「そのうえ指定校推薦でいけるから受験勉強しなくていい」という、なんとも浅はかな理由で選んだ)



ただココから、私の人生が大きく動きだす・・。



ちょっと変わったゼミに入る。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


うちの大学では珍しく「1年生」からゼミが必修であり、そのなかでも私の所属していたゼミは、ちょっと変わっていました。

(後から「大変・面倒・意識高い」と周りのゼミから言われるほど、有名なゼミでしたw)


まず、『理論学習×現場体験学習×発信活動学習』という学びの3本柱というものが活動のベースにありました。

なので、ただ机上で学ぶ授業だけではなく
国内外で実際に起こっている様々な社会問題を「自分の問題(当事者意識)」として感じることを目的に、現場へのフィールドツアーが毎年あった。

そしてその体験を、シンポジウムや研究会や高校生への出張授業などの場があり。NGOのようなとてもアクティブな学びを体現しているゼミでした。


理論学習もただ一方的に先生から学ぶのではなく、「学生主体」でディスカッションリーダーを決めて、議論をする。
さらに、週1回学年の垣根を超えて、1〜4年生が合同で学ぶ機会もある。


そんな『縦と横のつながりで学ぶ場』と、『理論×体験×発信』という学びの3本柱をもとにした『生きた学び』が、このゼミにはありました。



フィリピンでの体験が、人生観を変える。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


そんな現場体験学習の1つに「フィリピンの貧困・教育・環境問題を学ぶスタディーツアー」というものがあり、大学2年生の春休みに参加することになった。

街中にいる子供たち。



そのなかで、交流させてもらった農業大学の学生たちとの出会いが、私の人生に大きな転機を与えてくれました。


彼ら彼女らは大学に通っているものの
農業で生計を立てており、決して余裕のある暮らしとはいえない。

それなのに学校が終わると、授業と授業の合間にも、道を挟んだところにある最貧困地区に訪れて「文字の読み書き」を教えているアクションをしていたんです。
その時間を、仕事に費やすこともできるのに、です。

最貧困地区のとあるお家。
屋根はバナナの皮でできている。



そんな学生たちの取り組みに対して

「なんで自分たちも経済的に余裕があるわけじゃないのに、自分たちの家族でもない他人に、そんなことができるんだ?」
「その時間を、農業にあてて生活費を稼ぐ方が大事なんじゃないか?」

そう当時の私は、疑問でしかなかった。



そこで学生との交流の最終日に、仲良くなった同じ年の男子にそのままこの疑問をぶつけてみた。

すると、こんな答えが返ってきた。


『えっ、僕たちはこの地域に育ててもらっているから、その地域に恩返しがしたいだけだよ。
でもボクにはお金がないから、自分たちでできることを考えたら、文字の読み書きくらいは教えられるなと思ってはじめたんだよ。』



それが偉そうでもなく、あまりにも当たり前のような感覚で話してくれた彼の姿をみて、同じ年齢なのに「自分にはない輝き」が、そこにはありました。

フィリピンの学生たちと最後に撮った写真。



この彼ら彼女らとの交流の経験から
「幸せは、目に見えるものだけじゃないのかもしれない」と初めて肌で感じるようになりました。

それと同時に、自分が恥ずかしくなった。


自分はこれまでいじめという辛い体験はあれど
そこに色んな言い訳をして自分の本音を押し殺して周りに合わせてきた自分
あと、学ぶ環境があったのにそれも色んな言い訳をして、何もしてこなかったこと自分に・・。



彼ら彼女らはとても向上心や問題意識を強くもっていたのに、学ぶ環境は恵まれておらず、図書館にある本棚もスカスカで、最新の本も3年前のものだった。

それでも自分でできることをやって、自分たちの環境に悲観的になることなく。
彼ら彼女らから言葉で直接聞いているわけではないけど、『今を全力で生き、自分の人生を生きている』とすごく感じたんだ。


彼ら彼女らの出会いによって
「自分もそんな輝くような生き方をしたい!」と思うようになった。


これが『自分の生き方を真剣に考える』という、最初の原点。


⇨ストーリー②につづく

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事